眼科

診療方針

私たちが生活していく上で必要な情報の多くは目から得られるといわれています。その大切な「目」を病気から守り、私たちと関わっている全ての人達の Quality of life,Quality of vision を少しでも助けることが当院の使命と考えております。
高齢者の増加に伴う白内障をはじめ、お子さんからお年寄りまで最新の設備、最善の技術、最高のサービスで対応していきたいと職員一同日々努力しています。

診療内容

最新の設備・システムを備え、技術に伴った診察をしております。
当院では、正確な判断とわかりやすい説明を常に念頭に置いて、充分時間をかけて対応させて頂きます。

診療内容

■一般外来
■白内障手術
見えづらいなどの目の不自由を感じていませんか?
白内障という病気は年をとるとだれもがかかってしまう病気です。最近、目が見えづらいと感じている方、白内障の手術を考えている方、白内障の手術をするかどうか悩んでいる方、一度ご相談下さい。
■弱視・斜視患者様への訓練・指導
国家資格の視能訓練士(オルソプティスト:Orthoptist)が、目の位置(眼位)がズレている斜視の患者様や、生まれつき強い屈折異常・斜視が原因で、メガネでは視力が十分に出ない弱視の患者様に、視機能回復を目的とした矯正訓練の指導を行っています。
■訪問診療
(対象者)寝たきりの方、足腰が不自由で歩行困難な方、通院が困難な方
※詳しくはお電話にてお問い合わせ下さい

診療時間

診療時間 日・祝
午前 9:00~12:00
午後14:00~18:00 予約
担当医 長谷川
医師
長谷川
医師
長谷川
医師
長谷川
医師
長谷川
医師
非常勤
医師

※火曜日の午後は予約診療となります。
※午前の診療が長引きますと午後の診療開始が遅れることがございます。
あらかじめご了承ください。
※白内障・翼状片・内反症・レーザー手術・硝子体注射(加齢黄班変性治療)などは、随時受け付けておりますのでお問い合わせください。

当院の特徴

白内障、内反症手術、硝子体注射(加齢黄班変性治療)

白内障手術(日帰り・入院)
翼状片手術
内反症手術
レーザー手術
硝子体注射(加齢黄班変性治療)
緑内障とぶどう膜炎

検査機器

視力検査

視力検査

スペキュラーマイクロスコープ

スペキュラーマイクロスコープ

IOLマスター

IOLマスター

眼の奥行きを測るための機械。白内障手術の際に、眼の中に入れる眼内レンズの度数を決める上で、重要となる。
HESSチャート

HESSチャート

複視の訴えがある症例において、外眼筋の運動制限があるかどうかを調べるための検査。
OCT(光干渉断層計)

OCT(光干渉断層計)

網膜の奥に低干渉性赤外LEDを照射することにより、解像度が高い網膜の断層部や、視神経乳頭を撮影できる。主として黄斑変性や緑内障の経過を見る。
眼底カメラ

眼底カメラ

YAGレーザー

YAGレーザー

レーザーの光を用いて、後発白内障の治療や閉塞隅角緑内障を予防します。
オートレフケラトノメーター

オートレフケラトノメーター

眼の度数(近視、遠視、乱視)をおおまかに調べ、眼圧を測る機械。
ゴールドマン視野計

ゴールドマン視野計

周辺部を含めた視野全体の形状を評価するための視野検査。主に網膜疾患、頭蓋内疾患に用いる。
PCレーザー

PCレーザー

ハンフリー視野計

ハンフリー視野計

緑内障、視神経疾患、網膜疾患など、視野異常が疑われる場合に用いる検査。特に中心部の視野異常を知るのに優れている。

医師紹介

副院長 長谷川翠   

日本眼科学会専門医,日本抗加齢医学会専門医

副院長 長谷川翠

この度、このロイヤルクリニックに眼科常勤医として参りました長谷川翠です。私が眼科で診療する疾患には眼局所の加療で済むものから、全身疾患と深く関わっているものまで多岐にわたります。当院では産婦人科と内科と眼科が診療科を越え、各科連携し、患者様お一人のお身体を診せていただく事が出来ます。なかなか億劫だったりで受診がしにくい患者様でも、複数科を同日に受診頂く事も可能です。患者様お一人お一人にに寄り添い信頼される診療を目指し、細やかな診療、分かりやすい説明をさせて頂きます。些細なことでも、お気軽にご相談下さい。またなるべくお待たせしない診療を心掛けておりますが、混雑時は皆様のご理解とご協力を頂けますと幸いです。スタッフ一同誠意を持って診療させて頂きますので、どうぞ宜しくお願い致します。